第165回小中学生テニス教室

令和元年9月10日  30名(小学生28人 中学生2人)

残暑の残る中、みんなで汗びっしょりになりながらウォーミングアップをして練習に入りました。ボールつきのあとのボレー対ストロークでは200回以上続いたペアもいました。

その後練習チームと試合チームに分かれました。練習チームはイエローボールでストロークやボレーの球出し練習をして、最後に地獄の?10球振り回し。大型バケツの的を狙って集中して取り組めました。試合チームはレッドボールでシングルスを中心に高校生としたり、小学生同士でゲームを楽しみました。一方、隣のソフトテニスコートでは中学生2人、小学生2人、高校生2人の6人が試合を中心に活動しました。

先週の雨とは打って変わり、充実した活動ができました。まだまだ暑さも続きそうなので、来る人は水筒を必ず持ってきてください。

広告

第164回小中学生テニス教室

令和元年9月3日  くもりのち雨  25名

2学期が始まり、約2か月ぶりのテニス教室がスタートしました。

ウォーミングアップをしているときから雲行きが怪しくなり、30分ほどで雨が強くなる気配になったので「専用の雨天練習場」に移動しました。

ボールを地面に置きラケットでたたいて弾ませキャッチしたり、ボール缶を使ってキャッチボールをしたり、手押し相撲やおんぶ&一周など、”今日でしかできない練習”をみんなでワイワイギャーギャー言いながらしました。

普段の教室は雨天中止なのですが、途中から雨が降ってきた場合は駐輪場か体育館で臨機応変にやっています。保護者の皆様におかれましては、8時前に迎えに来てお子様を連れて帰っていただいてもかまいません。よろしくお願いします。

 

2学期の小中学生テニス教室について

2学期の小中学生テニス教室は9月3日からスタートします。

親子テニス教室

令和元年8月25日   徳島商業高校体育館

夏休みの大イベント親子テニス教室が無事終了しました。

8月の親子教室は今回で5回目ですが、過去最高の143組のみなさまから応募があり、時間帯を90分×4コマに増やして実施しました。晴天に恵まれた上そよ風も適度に吹く館内に、親子の歓声が響き渡りました。

今回も神谷勝則プロにお越しいただき、「楽しかった」「わかりやすかった」「初めての経験でテニスの楽しさが味わえた」「短時間で子供が打てるようになった。こういう教え方があるのか。これがプロなのかと感動した」「テニスが身近になった」等すべてのみなさまに満足していただくことができました。

またお手伝いをさせていただいた部員に対しても「笑顔が良かった」「親切にわかりやすく教えてもらった」「よく声をかけていただいて楽しくテニスができた」「若々しさと礼儀正しさでこちらまで若くなった様な懐かしい気持ちになった」「自分の子供もこんな風に育ってほしい」などたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

親子テニス教室は年2回1月と8月に実施していて、今回が10回目の節目です。初回から変わらず1分1秒まで熱心にご指導くださっている神谷勝則プロ、首藤康一様はじめヨネックス株式会社の皆様、そして参加してくださったすべてのみなさまに心よりお礼申し上げます。

神谷勝則プロ講習会

令和元年8月24日  鳴門運動公園

高体連主催の神谷勝則プロによるテニス講習会が鳴門運動公園でありました。心配された雨も短時間の小雨程度で、むしろ涼しい好条件の下で1日中受講できました。

ストレッチやトレーニング、ウィンブルドンでのお話、そして心構えや技術的なお話など高校生や顧問にとって実りある1日でした。特にサーブを重点的に指導していただき、改善に向けた貴重なヒントをいただきました。ただ、理解することとできるようになるのは別。今後の高校生たちの高い意識の下での反復練習にかかっています。

令和元年度徳島県高校秋季テニス大会

令和元年8月19日~22日

令和元年度徳島県高校秋季テニス大会が大神子テニスセンターで開催され、シングルス、ダブルスとも決勝戦は同校対決となりました。

シングルスでは今川が総体に続き優勝。初めて決勝戦の舞台を経験したキャプテン大橋が準優勝。安定感を増した1年生岡久が3位に入賞しました。1年生のソフトテニス出身者もこの5か月で成長し、伊世、近名(こんみょう)、木元がベスト16に入りました。

一方ダブルスでは今川・杉原ペアが優勝、岡久・吉田ペアが準優勝。準決勝以降の試合では、後衛の安定感が光り、前衛の不安定さに課題を残す結果となりました。


女子シングルス     優 勝  今川②

準優勝  大橋②

3 位  岡久①

ベスト8 福島② 杉原② 吉田①

ベスト16 滑田② 伊世① 近名① 木元①

女子ダブルス      優 勝  今川②・杉原②

準優勝  岡久①・吉田①

ベスト8 大橋②・福島② 滑田②・近名①

 

トーナメント表

合宿

8月13日~16日     国立淡路青少年交流の家

いつも練習でお世話になっている国立淡路青少年交流の家で3泊4日の合宿を実施しました。初日は暑いと思いきや、2日目後半と3日目には台風がやってきて終日体育館で練習。それぞれの場所でできる練習を工夫し、充実した時間を過ごせました。また、手伝ってくれた3年生の誕生日も期間中にあり、後輩たちが心のこもったお祝い芸を披露。「場数」を踏みました・・。

令和元年度近県強化大会

令和元年8月9,10日  香川県総合運動公園

近県強化大会があり、香川県内の多数の学校と対戦させていただきました。

香川県の先生方には毎年大変お世話になっています。今回も有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

倉庫新調

令和元年8月8日

おそらく昭和から使っていたであろうコートサイドの倉庫。扉が壊れて修理を重ねながら使ってきましたが、ついに修復不可能なほど破損が進んだため新しくしました。

職人さんが来てくれて約4時間かけて完成。部員も土台作りから倉庫が建っていく様子に興味津々で、見学したりほんの少しだけお手伝いをさせていただきました。

暑い中ありがとうございました。

宮崎インターハイ⑨

令和元年8月7日

朝方宮崎を出発し、帰県の途につきました。

途中の道の駅で前任校の城北高校時代の教え子で、現在宮崎で暮らしている卒業生と待ち合わせしました。17年ぶりとなった懐かしいバスへの搭乗は、元気で人懐っこい子供と一緒。彼女が初めてインターハイに来たのも同じ九州の熊本でした。ダブルスで3位になった先輩に刺激され「私たちは優勝します!」と真剣に言っていたその頃の顔を思い出しました。

インターハイはリレーに例えるならバトンゾーンです。1周365日を全力で駆け抜けた3年生が、次を担う1,2年生にバトンを渡す場でもあります。「頼んだよ」と先輩にポンと背中をたたかれ、次の目標に向けた全力疾走はすでに始まっています。


インターハイ記録詳細